トップページ
Bizsolコラム記事一覧
 > 低圧電力見直しについての詳細情報

低圧電力見直しについての詳細情報

  • コスト削減
  • #電気代節約
  • #店舗運営
<span id="hs_cos_wrapper_name" class="hs_cos_wrapper hs_cos_wrapper_meta_field hs_cos_wrapper_type_text" style="" data-hs-cos-general-type="meta_field" data-hs-cos-type="text" >低圧電力見直しについての詳細情報</span>
※本ページはプロモーションが含まれています

現代の生活に欠かせない電力。私たちは日々、さまざまな形で電力を利用していますが、その電力契約について意識している方は意外と少ないかもしれません。特に、低圧電力の契約は、家庭や小規模なビジネスにおいて重要な要素です。この記事では、低圧電力とは何か、そのメリットやデメリット、そして見直しの重要性について詳しく解説します。低圧電力を見直すことで、より効率的で経済的な電力利用が可能になるかもしれません。

低圧電力とは何か

低圧電力の基本情報

低圧電力とは、一般家庭や小規模な事業所で利用される電力のことで、通常200V以下で供給されます。低圧電力と高圧電力とは、使用する電力の量や目的によって異なります。低圧電力は特に小型の店舗やオフィス、飲食店などでよく利用され、業務用冷蔵庫や大型のミキサー、電気式フライヤーなどの動力として使われています。

低圧電力の電気料金は、基本料金と電力量料金で計算され、さらに燃料費調整額や再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されることがあります。基本料金は契約電力に基づき、電力量料金は使用した電力量に応じて変動します。

電力契約の種類

低圧電力契約では、主開閉器契約と負荷設備契約という2種類の契約方式があり、どちらを選ぶかによって料金が異なります。主開閉器契約は、メインブレーカーの定格電流値を基に契約電力を求める方法で、設置されている電力機器を一度にすべて使わない場合にお得になりやすいです。一方、負荷設備契約は、使用する電力機器の総容量に基づいて契約電力を求める方法で、24時間フル稼働するような場合に適しています。

従量電灯と比較すると、低圧電力(動力)プランは基本料金が高めですが、電力量料金は安く設定されていることが多いです。したがって、電力使用量が多い場合には低圧電力(動力)プランの方が経済的です。

また、季節によって料金が異なることも特徴の一つで、夏場など電力需要が多い時期は料金が高くなる傾向があります。

電力契約を見直す際には、これらの要素を考慮し、自身の電力使用状況に最適なプランを選択することが重要です。新電力への切り替えも一つの選択肢であり、料金面での節約が期待できます。電気使用量が多い場合や、電気代が高いと感じる場合には、低圧電力(動力プラン)への切り替えを検討することも有効です。

低圧電力のメリットとデメリット

低圧電力に関するメリットとデメリットについて、以下にまとめます。

低圧電力のメリット

  1. 電気料金が安くなる可能性: 低圧電力(動力プラン)は、電力使用量が多い場合、電力料金の単価が一定であるため、従量電灯プランに比べて電気料金が安くなる可能性があります。これは特に電力使用量が多い業務用の機器を使用する場合に有効です​。

  2. 手軽さ: 低圧電力の契約は、高圧電力に比べてキュービクル設置費用や維持費がかからないため、使用コストは基本料金と発生した電力量料金分のみとなります。これは特に小規模な商業施設や一般家庭に適しています​。

  3. 多様なプラン選択: 新電力会社では、電力使用量に応じて細かくプランが設定されているため、自分に合ったプランを選択することで、無駄なく節約することが可能です​。

低圧電力のデメリット

  1. 基本料金が高い場合がある: 低圧電力(動力プラン)は従量電灯プランと比較して基本料金が高いため、月々の電力使用量が少ない場合には従量電灯の方がメリットが大きい場合があります​。

  2. 電力量料金の高さ: 低圧電力は、使用する電力量が多い場合においては高圧電力に比べて電力量料金が高くなる傾向にあります。したがって、多くの電力量を使用することが予想される場合は、高圧電力を契約することが推奨されます​。

契約見直しのポイント

  • 契約電力の算定: 電力プランの見直しには、「主開閉器契約」と「負荷設備契約」という2種類の算定方法があり、それぞれの特性を理解して適切なプランを選択することが重要です​。
  • 利用明細に基づくシミュレーション: 年間の料金でシミュレーションを行い、最低料金を踏まえた比較を行うことで、より適切なプラン選択が可能になります​。
  • プロのサポート: 複雑なシミュレーションや試算が必要な場合、プロの見直し業者に依頼することで、効率的かつ適切なプラン選択が可能になります​。

低圧電力のメリットとデメリット、契約見直しのポイントを理解し、自身の電力使用状況に適したプランを選択することが大切です。

 

低圧電力と高圧電力の基本的な違い

  • 低圧電力: 主に一般家庭や中小規模のオフィスなどで使用される電力で、10Aから60Aまでの範囲が一般的です。このタイプの電気は、日本で最も広く使用されています。供給される電圧は100Vから200Vです。
  • 高圧電力: 50kW以上、2,000kW未満の電力が必要な大規模なオフィス、ビル、工場などで使用されます。高圧電力は、消費電力が多い場合に割安になる傾向があり、電気料金の単価が低圧電力よりも安いです。

電力契約の選択と電気料金の仕組み

  • 低圧電力の契約: 主開閉器契約と負荷設備契約の2種類から選ぶことができます。多数の電気機器を所有していても、すべての機器を同時に使用しない場合は、主開閉器契約を選ぶことで契約電力を下げることが可能です。
  • 高圧電力の契約: 高圧電力の契約電力は実量制と協議制の2つに分かれます。実量制では直近12ヶ月の最大使用電力量によって決まり、協議制では電気設備や使用見込みなどを基に電力会社と個別に協議して設定します。

電気料金の削減ポイント

  • 基本料金の削減: 高圧電力の基本料金は、単価、契約電力、力率によって構成されます。基本料金を安くするには、これらの項目のいずれかを改善する必要があります。
  • 電力量料金の削減: 高圧電力では電力量料金の単価が低いため、大量の電力を使用する施設では、電気料金を削減する可能性が高まります。

契約の見直し

電気料金を見直す際は、契約している電圧が適正かどうかを長期的視点で確認し、新電力会社などへの切り替えも効果的です。低圧電力は住居や小規模店舗などに適しており、高圧電力は店舗や幼稚園、工場などの商業施設に適しています。

低圧と高圧の区別方法

  • 電気料金明細書の確認: 電気料金明細書の「契約種別」欄を確認することで、「低圧電力」「高圧電力」の契約を確認できます。
  • キュービクルの有無: 高圧電力を契約している場合、施設内にキュービクル式高圧変電設備が設置されて低圧電力と高圧電力の違い、それぞれの特徴と使い方、電力使用量と料金の関係について詳細に解説いたします。

電力使用量と低圧電力

低圧電力の場合、電力使用量が増えると単価が下がる料金プランが一般的です。しかし、使用量が少ない場合は割高になることがあります。低圧電力の契約を見直すことで、電力使用量に応じた最適な料金プランに変更することが可能です。これにより、電気料金の削減が期待できます。

低圧電力の値下げ効果

低圧電力の契約を見直すことによって、使用する電力量に応じて料金単価を下げることが可能です。特に多くの電気機器を所有していて、すべてを同時に使用しない場合は、主開閉器契約を選ぶことで契約電力を下げることができます。これにより、基本料金を削減し、長期的に見て電気料金を節約することができます。

省エネと低圧電力

デマンド制御とは

デマンド制御とは、電力使用量のピークを抑制することで効率的な電力使用を目指す仕組みです。これは省エネにも大きく寄与する方法です。低圧電力の利用者、特に商店や事務所などで使用される100Vまたは200Vの電気を使用する場合に、デマンド制御の導入が有効です。このシステムは、電力使用のピーク時に最大デマンド(最大需要電力)を抑制することで、電気の基本料金の低減につながります​。

デマンドレスポンスの一つに、電気料金型デマンドレスポンスがあります。これは、ピーク需要時に電気料金を値上げするなどして、各家庭や事業者に対して電力需要の抑制を促す仕組みです。時間帯に応じて異なる料金を課す「時間帯別料金(TOU)」や、需給がひっ迫しそうなタイミングで高い料金を課す「ピーク別料金(CPP)」などが存在し、これらの導入によりピークカットが可能であることが実証されています​。

デマンドコントロールシステムの導入にはいくつかの注意点もあります。導入コストが高いことや、エアコン設備などの停止によって労働環境に問題が生じる可能性がある点、また、予期せぬ電気機器の急停止によって電気機器が痛みやすくなることが挙げられます​。

省エネと低圧電力の関連性

低圧電力の使用量を最適化し、電気料金の削減に寄与するためには、デマンド制御やデマンドレスポンスのような省エネ対策と低圧電力の見直しを行うことが重要です。これにより、電源開発にかかる費用を抑え、電気料金の削減を目指すことができます。

電力契約の見直しは、より効率的で経済的な電力利用を目指すために重要です。現在の契約内容を把握し、自分の使用状況に合った最適切な電力契約を選ぶことは、電力使用状況や市場の変化に合わせて最適な契約内容を選ぶことで、より効率的かつ経済的な電力利用を目指すために重要です。見直しを行う際には、以下のポイントに注意してください。

電力契約の見直し

電力契約の見直しは、より効率的で経済的な電力利用を目指すために重要です。現在の契約内容を把握し、自分の使用状電力契約の見直しは、電力使用状況や市場環境の変化に対応し、効率的かつ経済的な電力利用を実現するために重要です。見直しを行う際のポイントと方法について以下にまとめます。

  1. なぜ見直しが必要か?: 電力使用状況や市場環境が変化する中で、最適な契約内容も変わってくるため、定期的な見直しは効率的で経済的な電力利用に繋がります。

  2. 見直しのポイント: 現在の電力使用状況、料金プラン、契約条件を総合的に評価することが重要です。料金プランの中には、基本料金がないものや、使用量に応じて料金が変わるものなど、多種多様な選択肢があります。

  3. 電力契約の見直し方法: 電力会社の比較、オンラインでの見積もり取得、専門家への相談など様々な方法で見直しが可能です。電力比較サイトを利用して最適なプランを探すことが効果的です。

  4. 電力会社選びのポイント: 料金プランの比較、サービス内容、信頼性などを検討することが大切です。また、セット割引やキャンペーンの有無も重要な選択基準となります。

  5. 電力会社の乗り換え手順: まず現在の契約内容を確認し、次に乗り換え先の電力会社を比較検討します。適切な電力会社と契約を結んだ後、乗り換え完了の連絡を受けます。このプロセス中に解約金や違約金の有無を確認することも重要です。

電力契約の見直しを通じて、より自分のライフスタイルや利用状況に合った電力会社やプランを選ぶことで、電気料金の削減やサービスの向上を図ることができます。

電力会社選びのポイント

  1. 現在の契約内容を確認する: 契約中の電力会社や電気料金プランの詳細を確認して、自分のライフスタイルや使用状況に合っているか検討します。

  2. 料金プランの比較: 従量電灯Bなどの標準的なプラン以外にも、オール電化や夜間の電気使用が多い家庭向けのプラン、基本料金の設定がないプランなど、さまざまなプランが提供されています。自宅の電気使用状況に合った最適なプランを見つけるために、電力比較サイトを利用して比較検討しましょう。

  3. セット割の利用: 電気とガスを同じ会社で契約することで料金が割安になる「セット割」を提供している電力会社もあります。このようなセット割を利用することで、光熱費の節約が可能になります。

  4. キャンペーンの有無: 新規プランへの申し込み時に、キャッシュバックなどのキャンペーンが提供されている場合があります。キャンペーンの詳細は変更になる可能性があるため、申し込む前に確認が必要です。

  5. 電気料金プランの特徴を理解する: 電力会社によって料金設定が異なります。基本料金が0円のプラン、電力量料金単価が時間帯によって変動するプラン、市場連動型プランなど、多種多様なプランが存在します。ライフスタイルに合ったプランを選ぶことで、電気代の節約や特典を得ることが可能です。

  6. 解約金や違約金の有無をチェック: 契約解約時に解約金や違約金が発生する場合があります。解約金の有無を確認し、必要な場合は契約解除料を含めた総コストを考慮して契約先を決定しましょう。

  7. 乗り換え先の電力会社を比較検討する: 現在の契約と比較し、新しく契約予定の電力会社が割安かどうかシミュレーションしてみましょう。各電力会社の料金プランやサービス内容を詳しく比較して、自分に合ったプランを見つけます。

低圧電力の切り替えタイミング

低圧電力の契約見直しや切り替えには、いくつかの重要なポイントがあります。

最適な切り替えタイミング

低圧電力の切り替えに最適なタイミングは、契約期間の終了時や電力使用状況の変化時など、個々の状況に応じて異なります。例えば、引越しを機に電力プランを見直したり、家族構成の変化や電気使用量の増減があった際にも見直すことがおすすめです​。

注意点とおすすめ方法

切り替えを検討する際には、契約条件や違約金の有無を確認することが重要です。また、月々の電気料金と合わせて、契約時の手数料や解約時の違約金などの関連費用も考慮することが必要です​。

知っておくべき情報

見直しを行う前には、現在の電力使用量や契約内容、市場の状況を把握しておくことが大切です。また、他の利用者の評判や口コミを参考にすることも、適切な判断のために役立ちます​。

電力契約の見直し方法

契約電力の算定方法を確認し、主開閉器契約と負荷設備契約のどちらが適しているかを検討します。電力会社の実績や信頼性もチェックし、電力使用状況に応じた低圧電力プランを選択するのが良いでしょう。プロに見直しを依頼することで、より効率的なコスト削減を実現できます​。

電力自由化に伴い、電力会社やプランの選択肢が増えたため、低圧電力の契約を見直すことで、より安い料金で電気を使用できる可能性が高まっています。定期的な見直しを通じて、電力コストの削減を目指しましょう。

おすすめの新電力会社

ハルエネでんきの「ハルとくでんき」

「ハルとくでんき」は、さまざまな事業体向けに特化した電力プランを提供するサービスです。このサービスの目玉は、全国どこでも(離島を除く)アクセス可能である点です。これにより、地理的な制限に関係なく、事業所や飲食店など多様なビジネスが利益を得ることができます。また、ハルとくでんきは、顧客の具体的な使用状況に合わせたカスタマイズされた電力プランを提供することで、利用者に最大限の柔軟性とコスト効率を提供しています。

 

PR

コラム記事

最新記事
人気記事
カテゴリから記事を探す
サービス種別